携帯スマホのMNP乗り換えで7万円キャッシュバックってホントなの...

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク


最近は周りの連中がこぞってガラケーからスマートフォンに乗り換えてます。かくいう私めはあいかわらず携帯電話なんですが。ま、日がな一日パソコンの前に座ってる仕事ですから、スマホにする意味があまりないのと、ケータイのホームページやメールは老眼ゆえ文字がよく見えないというシケた理由なんであります。

しかし知人がいうには、スマートフォンに買い替える機会に、NTTドコモからauやソフトバンクにナンバーポータリング(MNP/番号そのまま乗り換え)でキャリアを移したら、現金キャッシュバックなどの特典があって、かなりおいしいお小遣いになったというではありませんか。ナヌ現金?それは聞き捨てならじと、ちょっと調べてみたのでご報告です。

img_norikae.jpg
↑コレは電車の乗り換えですw 

街のauやソフトバンクモバイルのショップの前にも、「のりかえキャッシュバック!」などのノボリがはためいてるのを見かけますが、ネット広告にも「スマホ乗り換えで最大7万円!」なんてのをよく見かけます。これ、ほとんどがソフトバンク代理店のMNPサイトの広告なんですね(記事内容に合った広告が自動で出るから、たぶんここの上下に貼ってる広告にも出てるかもです)

つまり、NTTdocomoやauからSoftBankにMNPで乗り換えた場合、キャッシュバック金額(割引総額)が、条件が揃えば最大7万円相当にもなりますよ、ということ。逆にauやソフトバンクからドコモに乗り換えても貰えないわけです。そりゃシェアを減らすでしょうよドコモは。

で、そんなソフトバンク代理店MNPサイトの「最大7万円キャッシュバック!」とは、ホンマなのか?であります。調べてみるに、最大の7万円相当が割引になる場合というのは、本家のソフトバンクがやってる公式キャンペーンの割引対象者(今なら「学割」に該当する学生や未就学児童など)がカラんで来ないと満額にはならないみたいです。

ようするに代理店MNPサイトのキャッシュバック金額てのは、ソフトバンク公式キャンペーンの割引額にMNPサイト独自の特典を加算した金額になってるんですね。それの最大が7万円相当ということのようであります。

だから現金で7万円貰えるんじゃなくて、基本料◯年分タダの総割引額も7万円の中に入っているんです。でも、公式ショップに現金のキャッシュバックはありませんから、街のショップや公式サイトで乗り換えるよりはネットのMNPサイトがずいぶんお得なのは間違いナシです。

そのカラクリは、本家から出ている「販売店報奨金」にあるようです。携帯電話各キャリアの番号持ち運び制度による顧客争奪戦の激化で、インセンティブが出ます。ネットのMNPサイトは経費が少なくて済むので、報奨金を現金キャッシュバックなどに回してユーザー確保数を得ようとしてるワケですね。

実例をひいてみますと、現在ソフトバンクが開催中の公式キャンペーン、「ホワイト学割 with 家族 2013」の場合、学生のMNPで基本料980円×3年タダ(36ヶ月つごう35280円相当)の割引ですから(公式→ ソフトバンクオンラインショップ 参照)、最大70000円から公式特典分を引き算すると、34720円分がネットMNPサイトの独自特典分ということに。

この34720円分から事務手数料・2年縛りの解約違約金・割賦残金などを差し引かれた金額が、現金キャッシュバック額になるみたいです。まあ、個々の契約条件によって変わってくるでしょうが、だいたいそういう仕組みになってるみたい。

下記に、「7万円」表記のあるソフトバンク正規代理店のMNPサイトをいくつかリンクしておきます。自分の契約条件で乗り換えする場合に、キャッシュバックがいくらになるのかを直接問い合わせて比較・検討してみればいいと思います。
        ↓
ケータイ・スマホを買うなら「乗り換え.com」
携帯乗換で最大70,000円をGET!おとくケータイ.net

このほかにもまだあると思います。気になる人はググッてみてください。

他キャリアの解約違約金や事務手数料って、およそ15000円くらいは取られますから、独自特典の満額34720円から諸費15000円を引くと、約2万円程度の現金キャッシュバックが期待できると思われ。

学生か子供のいるファミリーが、家族4人で一斉に乗り換えるとすると2万円×4でトータル8万円のキャッシュバックに? う〜ん8万円は確かにお小遣いとして魅力的な金額ですね〜。ただし3年後には基本料0円の期間が終わり、ランニングコストがイッキに跳ね上がりますが...その時にはまた別キャリアにMNPするとかね。

au KDDIの場合なら、家の光回線ごと「auひかり」に乗り換えると、スマホ通信費が一台あたり月1500円ほど安くなる「auスマートバリュー」が魅力プラン。キャッシュバックも最大70000円とかだし、家族の携帯ランニングコストが2年間低く抑えられるのは魅力ですね。eo光などのケーブルテレビとも連携してます。
        ↓
auひかりで最大95,000円割引&初期工事費0円!
 (au携帯のユーザーなら+auひかりで通信費が月額1480円×2年間安くなる)

以上は、わたしが実際に契約したわけではないので正確な情報ではありません。間違ってたらご容赦ください。ともあれスマホ乗り換えを目論んでる人は、とりあえずMNPサイトに問い合わせが吉!

今回の気ニナル。こんなところで失礼おば。

NTTフレッツ光で最大80000円キャッシュバックキャンペーン

※追記:通産省のお達しにより、キャッシュバック金額が最大3万円に減額されたもようです。

◯ぼやモノ内関連記事↓
AQUOS CRYSTAL 枠無しのオシャレなスマホだけどオマケのOnyxイラネと思う...
iPhone機種変更/MNPの旧端末 下取り割引と業者買取どっちが得なん?
iPhone5s/5c 結局どこがコスト安なのよ?ぶっちゃけ比較してみるに...
スポンサードリンク


↓ポチっとな!
  このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼやモノ・コンテンツ

最近の “気ニナル” 記事

Twitter

プライバシーポリシー

Powered by Movable Type 5.14-ja

ぼやモノについて

モノ好きオヤジのMONOぼやきブログ ぼやモノ であります。

アウトドアグッズやデジモノ、家電あたりが得意ジャンルですが、エコや健康にも興味あり。
自分が買った製品は レビュー に感想をカキコしてます。
ネットで見て引っ掛った物件は 気ニナル。にボヤいてます。

一応 Twitterもやってますのでフォローしてね→ @boyamono

おすすめ物件

SPONSORED LINKS

RAKUTEN ICHIBA

このブログ記事について

このページは、boyamonoが2013年2月15日 14:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「花粉と中国産PM2.5の大襲来に効く空気清浄機はどれ?性能比較が...」です。

次のブログ記事は「パナソニックのアイマッサージ機器 目もとエステは疲れ目に効くのか...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。